テーマ:祈り

昇天主日礼拝証し「父が約束されたもの」(2019年6月9日)

父と子と聖霊のみ名によって、 みなさんが迷う時、迷って迷って、道が見えない時、イエス様が一緒に迷ってくださいますように。 みなさんが立ち上がれない朝、苦しくて苦しくて、起き上がれないような朝には、イエス様が一緒にしゃがみ込んでくださいますように。 みなさんが泣く夜には、悲しくて悲しくて、涙するような夜には、イエス様が一緒に泣いてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖霊降臨節第1主日ペンテコステ礼拝司式祈祷(2017年6月4日)

父、子、聖霊の主なる神さま、あなたのみ名をあがめ、心の底から賛美いたします。 あなたに呼び集められ、この日、この週、そしてこの月を新しく始められることを感謝いたします。 今日までの日々をあなたが守ってくださり、そして導いてくださったことを感謝します。 私たちは罪人であって、赦しを必要としています。 私たちは孤独な人間であって、愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活節第3主日司式祈祷(2017年4月30日)

天地万物の造り主、主イエス・キリストの父である神さま、あなたのみ名をあがめ、賛美いたします。 あなたが備えてくださったこの礼拝に、今朝も集まることができました。 あなたがすべてを整え、私たち一人ひとりを招いてくださったことに感謝いたします。 今年を迎えてより、早4ヶ月が過ぎようとしております。 あなたが私たちの一歩一歩を支え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降誕節第4主日司式祈祷(2017年1月15日)

私どもの主イエス・キリストの父なる御神、それ故に私どもの父としても、今ここに臨み給う御神、ここにこのようにして集まり、本当に不思議な気が致します。 何のために、何に動かされて、この小さな群れが、このようにこの朝、ここに集まることができたのでしょうか。 私どもがここに集いましたのは、ただ、あなたの言葉を聞きたいと願うからです。 あな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降誕前第2主日(待降節第3主日)司式祈祷(2016年12月11日)

イエス・キリストの父なる神さま、だからこそ、あなたのひとり子である主イエスを通して、私たちをあなたの子供たちとして、確かに迎え入れてくださった神さま、ありがとうございます。 救い主の到着を待ち望む待降節にあって、二千年以上前の救い主の到来の待望に思いを馳せると共に、今私たちはキリストが永遠の審判者として再びおいでになる日を待ち望みつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖霊降臨節第21主日司式祈祷(2016年10月2日)

イエス・キリストの父なる神さま、だからこそ確かに、あなたのひとり子である主イエスを通して、私たちをあなたの子供たちとして迎え入れてくださった神さま、ありがとうございます。 新たな月を迎えたこの秋の日の一日、私たちに、この礼拝堂に行く道を、喜びをもって急がせてくださいました。 この場所を備え、そのように私たちを招いてくださったのは、父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活節第4主日司式祈祷(2015年4月26日)

主イエス・キリストの父なる神さま、 み名があがめられますように。 み国が来ますように。 み心が天で行なわれるように、地でも行なわれますように。 あなたが備えてくださった礼拝に招いてくださったことを感謝いたします。 兄弟姉妹と共にみ言葉に聞くために集まって参りました。 あなたが私たちを新しい命で満たし、生きる道を示してくださる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活前第3主日司式祈祷(2015年3月15日)

主イエス・キリストの父なる神さま、あなたのみ名をあがめます。 日差しは日に日に春めいてきていますけれども、強い寒さの戻りがありました。 体調管理の難しい中、今、兄弟姉妹と互いに顔を見合わせ、あなたが私達の健康を守って下さいましたことに、深く感謝いたします。 あなたのことばを聞くために、この礼拝堂に足早に集まってまいりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災を覚えての祈祷会での祈り(2015年3月8日)

天地を創られ、全能であられる父なる神様、あなたのみ前に集まって、共に祈りを献げます。 4年前の2011年3月11日、東日本大震災が起こり、多くの人命が失われ、地域に大きな損害を与えました。 また、大震災による原子力発電所事故によって放射能汚染、地域破壊が引き起こされました。 4年を経て、今もなお仮設住宅に住んでおられる方、避難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降誕節第7主日司式祈祷(2015年2月8日)

恵み深い、主イエス・キリストの父なる神さま、み名の栄光を崇めます。 日本の古い暦では春となりましたが、依然寒い日が続いております。 この世に派遣された先週の歩みを終え、兄弟姉妹と共にあなたを拝みたいと願い、この礼拝堂に集まって参りました。 昨日までの一週間、あなたが私たちを、職場で、学校で、家庭で、それぞれの場所でお守りくださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降誕節第3主日司式祈祷(2015年1月11日)

恵み深い、主イエス・キリストの父なる神様、あなたのみ名をあがめます。 一週間、あるいは二週間も三週間もの間、互いに見ることのなかった信仰の兄弟と姉妹たちが、あなたを拝むため、そしてみことばをいただくために、ここに急いで集ってまいりました。 厳しい寒さの中にあっても無事であったこと、健康を支えられていることを互いに喜びながら、静か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降誕前第4主日司式祈祷(2014年11月30日)

恵み深い、主イエス・キリストの父なる神さま、み名をあがめます。 主イエスが木の上のザアカイを見上げて「ザアカイ、急いで降りて来なさい」と言われたように、あなたが私たち一人の名前を読んで下さり、この礼拝に呼び集めて下さったことに感謝します。 兄弟姉妹と共にみ言葉に聞き、声を合わせてあなたを賛美することのなんと嬉しい事でしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

降誕前第9主日司式祈祷(2014年10月26日)

恵み深い、主イエス・キリストの父なる神さま、み名をあがめます。 暖かく、穏やかな、秋の日を迎えました。 あなたに一人ひとりが親しく名前を呼ばれ、招かれ、兄弟姉妹と共に礼拝を献げることができますことを感謝いたします。 神さま、あなたが私たちを男と女とにつくられ、また、ひとりひとり異なる人間としておつくりになったことを感謝します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖霊降臨節第16主日司式祈祷(2014年9月21日)

恵み深い、主イエス・キリストの父なる神さま、 あなたの、あなただけのみ名をあがめます。 先の聖日にあなたによって派遣され、再びあなたのみ許に戻ってまいりました。 あなたは、高く天におられ、すべてのものの上におられます。 けれどもまた、あなたはだれよりも私たちの近くにいて、私たちの外にあり、内にあって、私たちを支えてくださいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖霊降臨節第14主日司式祈祷(2014年9月7日)

恵み深い、ご在天の父なる神さま、み名をあがめます。 今年に入り、9回目の新たな月を迎えております。 ひどい暑さ、長くまた激しい雨の後に急激な涼しさ、そして残暑の戻りなど、 体調を整えるのが難しい時期を過ごしてまいりましたが、 あなたに常に守られ、そしてこの礼拝に招かれ、 兄弟姉妹と共に集えましたことを、心から感謝いたします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖霊降臨節第5主日司式祈祷(2014年7月6日)

父、子、聖霊の主なる神さま、 7月の最初の聖日、あなたのみ前に集まって、共に祈りを献げます。 一人ひとりが、あなたに親しく名前を呼ばれ、この礼拝に招かれましたことを感謝します。 今年を迎え、半分を過ぎました。あなたのこれまでのお守りに感謝します。 あなたは、造り主であり、救い主であり、慰め主であられます。 そして、終わりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活節第7主日司式祈祷(2014年6月1日)

闇の中に光を創造し、死の中に命を呼び出し、絶望の中に希望を宣言される神さま、 一人ひとりが、あなたに親しく名前を呼ばれ、この礼拝に招かれましたことを感謝します。 この一週間の、そして6月の最初の朝、あなたのみ前に集まって、共に祈りをささげます。 あなたが光をつくられたこの日、また、主イエス・キリストがよみがえったこの日を感謝します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活前第3主日司式祈祷(2014年3月30日)

恵み深い、主イエス・キリストの、そして私たちの父なる神さま、あなたのみ名をあがめます。 ついこの前、新たな年を迎えたと思っておりましたのに、早くも、3ヶ月を数えようとしております。 三寒四温の時期を経て、いよいよ春めいてまいりました。 与えられた季節の恵みを感じながら、あなたに親しく一人ひとりの名前を呼ばれ、この礼拝に招かれました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インマヌ・エル(神はわれらとともに)

ストレスで神経を患って数年間通院し続け、ある夏にとうとう職場を離れて療養することになったことがあります。 主治医に実家に帰ることも促され、最初の一週間ほどは老父母の許で厄介になりました。 実家は大神宮のそばにあります。 私は、そこを庭のようにして育ったためか、子供のころから神宮や神社に参拝すると心が澄むように感じていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「善悪の知識」と「死」に関する思索

創世記2章17節でアダムが神から 「善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう」 と言われたにも関わらず食べてしまって、 アダム、つまり人は土・塵に返るものとなってしまいました。 しかし、なぜ善悪の知識が死につながるのでしょう。 善悪の知識は裁きにつながっていて、 人が神に代わって自他を裁くよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降誕節第9主日礼拝 司式祈祷(2014年2月23日)

 恵み深い、主イエス・キリストの父なる神さま、あなたのみ名をあがめます。  あなたが光をつくられ、あなたのみ子が復活されたこの日、あなたに招かれ、あなたのみ前に集まって新たな週を始めることができますことに深く感謝いたします。  過ぎ去った週を思い返しますに、私たちのそれぞれに様々なことがありました。  喜ばしいこともありました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友を亡くした人のためのとりなしの祈り

主なる神さま、 友を亡くした人を覚えて祈ります。 身近な人が自ら命を断った時、人は「なぜあの時声をかけられなかったのか」「何もしてやれなかった」と苦しみます。 「かたくなに胸のうちに隠していた思いを聞いてあげたかった。聞かせてほしかった」と悲しみます。 そのような思いから逃れることは、私たちだけの力ではできません。 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エヴァンゲリストの経験

今度、バッハのクリスマスオラトリオの第1・2部の演奏で、合唱とともにエヴァンゲリストとアリアのソロも担当します。 これまで、ソリストはヘンデルのメサイアを、やはり合唱とともに何度か演奏してきていますが、クリスマスオラトリオは初めての経験です。 何と言っても“バッハ”です。そしてドイツ語です。そして何よりも、福音史家として聖書を朗読し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりなしの祈り

神さま。 今、希望を心に映したいと願う人がいます。 信じる人と同じ未来を生きたいと願う人がいます。 その願いを、思いそのものを、愛おしみながら毎日を生きていきたいと願っています。 心の通うことと我が通ることとを勘違いせずに、互いに真の自分であり続けたいという願いです。 その人をいまだ苦しめる、過去の出来事があります。 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖霊降臨節第2主日礼拝 司式祈祷(2012年6月3日)

 父・子・聖霊の、三位一体の神さま。  地上に生きる私たちの救いのために、持っておられるすべてを注いで、私たちに対する愛を明らかにして下さった、父と子と聖霊との、三位一体の神さま。  み名をあがめます。  待降節、降誕節、受難節、復活節を経て、先週よりは聖霊降臨節の中を歩んでいます。  先週のペンテコステ礼拝では、聖霊である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司式祈祷

先の復活祭で 受洗して約3年が経ちました 昨年の4月 どういうわけか教会の役員に選出され 5週間に1回の割合で 礼拝司式の担当が回ってきます 礼拝説教の少し前に 司式者による祈祷があります 祈祷書による成文祈祷ではなく 自由祈祷です 祈りに含める内容に関するある程度のガイドラインはあ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「十字架と復活、そして福音の勝利」

今年で9回目を数える音楽礼拝が無事に終わりました 内容は 聖書朗読とメサイア第2部の演奏でした 私はテノールの合唱と独唱を受け持ちました ヘンデル作曲の『メサイア』は全体が3部に分かれていて 第1部の主題は「預言と降誕・良き羊飼い」 第2部は「受難・復活から救いの完成まで」 第3部が「死者の復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラールの研究(?)

受難週に入る3月28日(日)に 今年も マタイによる福音書の朗読と バッハのマタイ受難曲のコラールの 日本語訳の演奏を 鍵盤伴奏で行ないます 合同聖歌隊の代表の方にお願いして その練習を担当させてもらいました 指導することになると ただ歌っているときと違って 他のメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生を真剣に考える

キリスト教月刊誌『信徒の友』に掲載されている 聖書朗読日課である 「日毎の糧」に沿って 昨年末から聖書を読み進めています 主日日課は教会暦に沿って 福音書・使徒書、詩編、旧約の主要箇所を網羅していて 4年サイクルになっているとのことです なんとか1ヶ月半ほど続いています また昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本物のクリスマスの歌(『CD付き クリスマス音楽ガイド』)

 途方に暮れていると、金子さんから「本物のクリスマスの歌にしてほしい」と注文がつきました。たしかに、クリスマスはもともとキリスト教会の祭りです。もちろん、クリスマスを教会が独占してよい理由はありません。商店街のクリスマス商戦も、キャバレーのクリスマス・イブのパーティも、無宗教の家庭のクリスマス・ツリーも、すべてそれなりに存在理由がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more