テーマ:映画

風に乗る(『MACROSS PLUS』)

エンジンを切って風に乗る。 名付けて必殺、竜鳥飛びだぜ。 =================================== 「漁父辞」という漢詩を 高校時代に習いました 屈原という人物が次のように言います 「世の中はすべて濁っている中で、私独りが澄んでいる。  人々すべて酔っている中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「それでは、あまりにも孤独だ」(『スカイ・クロラ』)

(タイトルは、同書第326ページよりの引用) =================================== しばらく前に 前記事で書いた映画『スカイクロラ』の原作小説を読了しました ネタばれになってしまうのを避けるために 詳しくは書きませんが 映画と原作小説との間には ストーリー展開に大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒涼とした精神的焦土(映画『スカイ・クロラ』)

この国には今、飢餓も、革命も、戦争もありません。衣食住に困らず、多くの人が天寿を全うするまで生きてゆける社会を、我々は手に入れました。しかし、裏を返せば、それはとても辛いことなのではないか──と思うのです。永遠にも似た生を生きなければならないという状況。その中で次々に引き起こされる痛ましい事件。親が子を殺し、子が親を殺す時代。何の理由も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽礼拝の準備(映画『パッション』)

明日の午後、「受難節の賛美と黙想」と題した音楽礼拝に 助っ人として参加します。 同礼拝の中心は、マタイによる福音書朗読とコラール演奏です。 同福音書の中の、J.S.バッハ作曲のマタイ受難曲に取り上げられている部分を お手伝いをしている聖歌隊や会衆と共に朗読し、 その中で、マタイ受難曲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

男の中の男(映画『マリア』)

「男の中の男」と聞いて思い浮かべるものは 人によって異なるだろうと思います。 例えば、強敵に対して恐れることなく立ち向かって行く人、 例えば、逆境を物ともせずに目的を達成する人など、 色々な例があるだろうと思います。 先日、家族で映画を観に行きました。 2006年にアメリカで製作されたもので、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more