テーマ:家庭

父親は教師じゃない(『浮浪雲 親子編―成りがたし』)

父親は教師じゃないんですから、何を教えなくとも、 「そこにいる」 だけで十分。一緒にさりげなく暮らしていれば、それでいいですよ。なにを教えなくとも、子供は父親から学びます。教師からは教えられ、父親からは学ぶ。 (同書第277ページ) =================================== …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想の父親を目指す理由

今日の夕食時に子供たちに、次の様なことを話しました。 「俺は俺のために生きてる。お前たちのためじゃない。  でも俺の中にお前達がいるから、  『お前たちのためにも生きてる』と言える。  親っていうのは子供のことを考えずにはいられない生き物だって、  親になって痛感してる。  もしもお前達が俺にされて嬉しいと思うことがあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は父の日

今日は父の日でした。 休日とは言え、朝から息子の中学主催の資源回収と 地域自治会の子供会主催のドッジボール大会に 小学生の娘が出るために ほぼ平日と同じ時間に起き出して、 妻は資源回収に、私は娘をドッジボール大会に連れて行く様に 役割を分担しました。 なにやら、休日の方が平日より 忙しい日が続いている様な気がしました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おたがいの人生にたいする尊敬と喜び(『イリュージョン』)

あなたの家族をつなぐ絆は 血ではない。 おたがいの人生にたいする 尊敬と喜びである。 同じ屋根の下にいて、 家族が成長しあうことは 稀である。 (同書第73~74ページより) ================================= 「家族とはいったい何だろう」。 その様なことを幼少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more