自然に楽に生きる(『その後のツレがうつになりまして』)

ツレの病気の前と後でどんなことが変わったのか? 病気前  表の顔   バリバリ働く 「やるぞっ」   かっこつける 「ぜんぜんへーき」   自分にも他人にもきびしい 「グチ言ってもはじまらないよ」  裏の顔   自分が損することはしない   理屈で考えてばかり 「ろんり的に言うとっ」   弱い人を切りすてる 「もー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛する」ということばの意味

"The greatest thing a man can do for his chirdren is to love their mother." 「一人の男として、自分の子供への最大のしあわせをもたらすことは、その子供の母親を愛することです」 「妻を愛するということは、  妻を尊敬することです。  妻を励ますことで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「なんじ、死すべし」(BWV106)

「『なんじ、死すべし。』 これは昔からの定め。」 (バッハ作曲カンタータ106番《神の時こそ いと良き時》2d.三重唱より  シラ書〔集会の書〕14:17) =============================== キヨシロウが逝った。 癌が再発したときから、遅かれ早かれ こういう日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友人(『イリュージョン―悩める救世主の不思議な体験』)

「友人には、  千年付き合って  わかってもらうよりも  初対面の一分の方が  よくわかってもらえるだろう。」 (同書第53ページより) ================================= 過日 友人と出会いました 彼は文学部の出身で 卒業論文は 生演奏と録音された演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっとうまくなったらもっと楽しい(『のだめカンタービレ』)

「君の言う『上』ってよくわからないけど……  音楽やってて……  単純にうまくできたら嬉しいし  もっとうまくなったら  もっと楽しいんじゃないかって――  ボクはそう考えるのも楽しいんだけど  君はそう思わない?」 (同書第78ページより) =======================…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ほのかに薫る色香(西本智実&ロイヤルチェンバーオーケストラ2009)

先の記事で触れました 「西本智実&ロイヤルチェンバーオーケストラ2009」に行ってまいりました。 私の好きなクラシック音楽は バロック~古典派が主で 新古典派とは呼ばれながらもロマン派であるブラームスは 大規模な編成の重々しい演奏は苦手で その意味では 岩城宏之指揮による オーケストラ・アンサ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風に乗る(『MACROSS PLUS』)

エンジンを切って風に乗る。 名付けて必殺、竜鳥飛びだぜ。 =================================== 「漁父辞」という漢詩を 高校時代に習いました 屈原という人物が次のように言います 「世の中はすべて濁っている中で、私独りが澄んでいる。  人々すべて酔っている中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサートの予習(ヴェーバー&ブラームス)

当ブログでは珍しく、今日は日記風の記事を。 「西本智実&ロイヤルチェンバーオーケストラ2009」を聴きに行くことにしました。 曲目は下記の2曲+αです。  C ・ M ・ v ・ヴェーバー:歌劇「オベロン」序曲 J.306  J ・ブラームス:交響曲第4番ホ短調 作品98 2曲ともよく知らないので(+αの曲はよく知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛しあってるかい?(『ブ熱いLOVE SONG(愛しあってるかい?)』)

「今日はもう こんなにゴキゲンな夜なんで  みんなに聞きたいことがあるんだ  みんなに聞きたいことがあるんだ  最近 世の中はサツバツとしてるけど  21世紀になって もうずいぶんたつけど  全然世界は平和になんないけど  今夜 みんなに聞きたいことがあるんだ!  武道館ベイベー …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

客観的にみれば大差がない(『ナ・バ・テア』)

 もしも愛情だけで社会ができているならば、どうして、こんなに争いが起こるのだろう?  自分が作ったものを、誰にでもただで分けてやれば良いのに、金を取るのは何故だろう?  勉強をして、人よりも上に立とう、相手を蹴落としてでもトップに立とう、とするのはどうしてなのか?  みんな、自分が満足をしたい、自分のエゴを通したいのだ。ただし、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしは誰なのでしょう?(『洗礼―新しいいのちへ』)

 わたしは誰なのでしょう?  「あなたは自分だけを頼みとして、自己を律して生き、自分の腕一本で地位を築いていく存在です」。現代の科学主義の世俗社会はそのように告げます。「自分のことは自分でしなさい。他人をあてにしてはなりません。人生にとって最も大切なことは、いとしい『自分』を成長させ、大切にし、愛することです。あなたが築き上げてきたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「それでは、あまりにも孤独だ」(『スカイ・クロラ』)

(タイトルは、同書第326ページよりの引用) =================================== しばらく前に 前記事で書いた映画『スカイクロラ』の原作小説を読了しました ネタばれになってしまうのを避けるために 詳しくは書きませんが 映画と原作小説との間には ストーリー展開に大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなの幸せのために(『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』)

 ただ、これからの企業、コマーシャルでは、 社会貢献とか、みんなの幸せのために、と言っていますが、 本当に、会社の方針がそれを目指すなら、 まず、そこで働く従業員が、 幸せでなければならないのではないかと思います。  従業員のその家族、子どもが幸せである会社、 「子どものために、今日は早めに帰ります」 という言葉が、平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒涼とした精神的焦土(映画『スカイ・クロラ』)

この国には今、飢餓も、革命も、戦争もありません。衣食住に困らず、多くの人が天寿を全うするまで生きてゆける社会を、我々は手に入れました。しかし、裏を返せば、それはとても辛いことなのではないか──と思うのです。永遠にも似た生を生きなければならないという状況。その中で次々に引き起こされる痛ましい事件。親が子を殺し、子が親を殺す時代。何の理由も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形容詞なんてなんにもいらない(『ワルツ』)

「母さんは父さんのどこが好きなの?」 『ルーレ、私はアルトを愛しているの』 「変だよ母さん。”好き”と”愛してる”って同じじゃないの?」 『クッキーは甘くておいしいから好き  花はきれいだから好き  テレビの俳優さんは美男子(ハンサム)だから好き』 『でもアルトは、アルトだから愛しているの  形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の定義とその根拠

限りなく人間と同じアンドロイドは、人間と何が違うのか。 では、人間の定義とは何なのか、根拠はどこにあるのか。 ならば、人間をすべて機械に取り替えたら人間なのか。 http://d.hatena.ne.jp/wiz-stargazer/20080704/1215109876 Wiz★氏のブログでここしばらく扱わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私が人である根拠(『ヒトはいつ人になるのか』)

 痛みや感情や意志を振り返り、それを自分のものとして規定し自分に帰するのは、「私」以外のものへの区別が視野に入るときである。そのとき初めて、「私」、自己、自我は意味を獲得する。他者との関係が意識に上るとき、つまり「私」の意識のうちに他者が現れ、同時に他者の視線が「私」の意識を貫くとき、その時「自己」という限界が現れる。もっともわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビンの中のメッセージ

ブログというのは、「ウェブ」と「ログ」(日誌)を一語に綴った 「ウェブログ」という言葉を略したものなのだそうです 元々日記というのは、個々人が思ったことや感じたことで 人には話せなかったりするようなことを 書き留めたり吐き出したりするために 書かれるもののように思うのです (現代出版されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抒情

心身ともに疲れ果てて ヒーリングミュージックを通勤電車で聴く日々 ふらりと立ち寄った書店の棚に その冊子は一冊だけ立っていた 目に飛び込んできたのは やなせたかし という名前と 見慣れた絵柄の表紙イラスト 見慣れた冊子のサイズ 題名と出版社は変わっていたが それはまぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more